rymanblog

2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

7.スリランカ最終日ダンブッラへ石窟寺院を見に行く(6日目)

スリランカ滞在も最終日。この日はシギリヤからダンブッラへ石窟寺院を見に行き、その後ホテルに戻て来てからコロンボのバンダラナイケ空港発へ深夜便の出発に間に合うように戻ります。スリランカを出国した後は、中国・昆明を少し観光し、その後上海で1泊してから帰国します。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

6.ポロンナルワからシギリヤに移動してシギリヤロックに登る(5日目)

ポロンナルワには昨日着いたばかりだけれど、この日は午前中にシギリヤに移動して(お天気次第ですが)午後からシギリヤロックに登る予定。シギリアまではバスで移動することもできますが、ちょっと贅沢してトゥクトゥクをチャーターすることにしました。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

5.キャンディからポロンナルワへ公共バスで移動(4日目)

この日は朝からポロンナルワへ向けて移動です。キャンディではもう少しゆっくりと観光したかったのですが、ここからが遺跡観光のメインとなります。ポロンナルワまでは予約なしの公共バスでの移動です。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

4.豪華観光列車でキャンディへ行くはずが(3日目)

この日は早朝からキャンディへ移動するためにコロンボ・フォート駅へ向かいます。ホテルをチェックアウトしたのは朝5時半頃だったでしょうか。昨日下見をした通りに駅へ向かいますが、結果的には予約した列車には乗れませんでした。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

3.30時間かけて到着したスリランカは雨季だった(2日目)

大阪を出発して30時間かけコロンボに到着したのは昨夜の深夜でしたので、実際のスリランカ観光はこの日からとなりますが、この時期はスリランカの雨季真っただ中のため、この旅行中ずっと雨の中を観光することになります。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

2.スリランカへ行くためにまず中国へ(0~1日目)

スリランカへ旅行しようと考えたのですが、年末だったせいもあり飛行機代金が以上に高く、断念しようとした時に見つけたのが「関西空港―上海浦東空港―昆明長水空港―コロンボ・バンダラナイケ空港」という2ヶ所経由の中国東方航空便でした。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

1.スリランカへの旅の計画

2014年の秋ごろ、スリランカへ行って見たいと思いました。理由は今となっては思い出せません。当時は観光地としてはそれほどメイジャーな行き先ではなかったと思いますが、航空運賃が高くやむなく中国系航空会社を選択しました。
2015年09月|3連休に高雄・台南へショートトリップ

4.高雄市立歷史博物館で台湾の歴史を学ぶ(3日目:最終日)

さすがに2泊3日ではあっという間に最終日がやってきます。しかも14:00発の帰国便に乗るので、昼ご飯は食べる暇がないので、朝食を遅めにとって空港に向かうことにして、朝一番で高雄市立歷史博物館へ行ってお勉強をして帰ることにします。
2015年09月|3連休に高雄・台南へショートトリップ

3.高雄から臺鉄に乗って日帰りで台南へ(2日目)

2日目は高雄駅から台南へ日帰り旅行です。高雄から台南へは台湾の在来線である台鉄(臺鐵)で行くのが便利。早起きをして朝ご飯を済ませたら、台鉄高雄駅へ向かいます。台南は特に下調べができていないので行き当たりばったりで、迷走気味な行動になりました。
2015年09月|3連休に高雄・台南へショートトリップ

2.関西空港からピーチで高雄へ その後高雄の街を散策(1日目)

関西空港発高雄行きのピーチアビエーションのフライトは10時55分発。いつもよりかなりゆっくりな出発です。高雄までは3時間半くらいなので、LCCでも十分です。高雄到着後はさっさとホテルにチェックインして、高雄の街を徒歩で散策します。
2015年09月|3連休に高雄・台南へショートトリップ

1.3連休に高雄・台南へ 旅の計画

この年の9月後半は、土曜日、日曜日、敬老の日(月)、国民の休日(火)、秋分の日(水)が連続して5連休になりました。しかし土日が定休日でないツレと休日が一致するのは月~水の3日間だけだったので、関西空港からピーチアビエーションの運行がある台湾、高雄へ2泊3日のショートトリップに出かけることにしました。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ Photo Gallery

2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ  Photo Gallery 今回限りのゴールデンウィーク10連休は、サラリーマンが旅行に出かけるにはたいそう都合の良い時期ですが、なにせ国民のほぼすべてが休暇に入る時期でもあるので、...
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

10.ヤンゴンからバンコクへ移動して買い物の後帰国(9日目)

ミャンマーでの観光を終えて、この日は朝からバンコクへ移動します。バンコクへの移動はLCCの雄であるエアアジアで。エアアジアの唯一の欠点は離発着空港がドンムアン空港であること。帰国のためのスワンナプーム空港へ移動する最中にMBKで買い物&昼食をします。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

9.ヤンゴンでシュエ・ダゴンパゴダを朝、夜2回見る(8日目)

ヤンゴン2日目、旅は終盤、明日は早朝のエアアジア便でバンコクへ戻るので、ミャンマーで観光をするのは今日が最終日です。ただ、昨日までのインレー湖と違いヤンゴンの蒸し暑さが堪えるので、観光の目玉であるシュエ・ダゴンバゴダだけに狙いを集中させて観光します。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

8.ニャウンシュエ(ヘーホ空港)からヤンゴンへ移動(7日目)

今回の旅行のメインであるインレー湖ボートトリップを終えて、この日はヤンゴンへ移動です。ニャウンシュエ周辺を自転車を借りて散策してから移動しようと思い最終便を予約してあったのですが、飛行機の出発が早まるという予想外の事態が。
スポンサーリンク