旅の記録(2014年)

2014年の旅の記録の保管場所。

この年の旅行先は7月の「ベトナム/ホイアン、フエ」と12月の「スリランカ周遊」の2か国だけでしたが、雨季だと知らずに出かけたスリランカでは、シーズオンオフの閑散とした雰囲気の中遺跡を見て回ったのは良い思い出。帰りにトランジットで立ち寄った中国上海で食べた羊の火鍋も美味しかった。

ホイアン、フエは地上区間の移動手配が面倒だったのでちょうど良いツアーで手配しましたが、ミーソン遺跡観光などの現地のアクティビティは現地手配です。

ダナンへの航空券価格 コロンボへの航空券価格

2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

2014年07月|ベトナム中部ホイアン、フエに短期間で行って見る

ABOUT

現在50代サラリーマンである私が旅の楽しさに目覚めたのは比較的遅くになってからですが、それでも気づけばツレ(奥さん)を伴って今までいろんなところへ行きました。若い人たちのような冒険に憧れるもののしがないサラリーマンはまとまった休みが取れず、薄給なのでセレブ旅のような贅沢もできませんが、それでも自分の旅のスタイルが定着してきたこともあって今までの情報を記録しておこうと2019年正月より一念発起してブログをスタートさせました。最近の分から順次過去に遡って記事を作成しながら、旅程の決め方や旅グッズなど、私の旅のスタイルについても記録します。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

以下の子カテゴリーもご参照ください。

2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

1.スリランカへの旅の計画

2014年の秋ごろ、スリランカへ行って見たいと思いました。理由は今となっては思い出せません。当時は観光地としてはそれほどメイジャーな行き先ではなかったと思いますが、航空運賃が高くやむなく中国系航空会社を選択しました。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

2.スリランカへ行くためにまず中国へ(0~1日目)

スリランカへ旅行しようと考えたのですが、年末だったせいもあり飛行機代金が以上に高く、断念しようとした時に見つけたのが「関西空港―上海浦東空港―昆明長水空港―コロンボ・バンダラナイケ空港」という2ヶ所経由の中国東方航空便でした。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

3.30時間かけて到着したスリランカは雨季だった(2日目)

大阪を出発して30時間かけコロンボに到着したのは昨夜の深夜でしたので、実際のスリランカ観光はこの日からとなりますが、この時期はスリランカの雨季真っただ中のため、この旅行中ずっと雨の中を観光することになります。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

4.豪華観光列車でキャンディへ行くはずが(3日目)

この日は早朝からキャンディへ移動するためにコロンボ・フォート駅へ向かいます。ホテルをチェックアウトしたのは朝5時半頃だったでしょうか。昨日下見をした通りに駅へ向かいますが、結果的には予約した列車には乗れませんでした。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

5.キャンディからポロンナルワへ公共バスで移動(4日目)

この日は朝からポロンナルワへ向けて移動です。キャンディではもう少しゆっくりと観光したかったのですが、ここからが遺跡観光のメインとなります。ポロンナルワまでは予約なしの公共バスでの移動です。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

6.ポロンナルワからシギリヤに移動してシギリヤロックに登る(5日目)

ポロンナルワには昨日着いたばかりだけれど、この日は午前中にシギリヤに移動して(お天気次第ですが)午後からシギリヤロックに登る予定。シギリアまではバスで移動することもできますが、ちょっと贅沢してトゥクトゥクをチャーターすることにしました。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

7.スリランカ最終日ダンブッラへ石窟寺院を見に行く(6日目)

スリランカ滞在も最終日。この日はシギリヤからダンブッラへ石窟寺院を見に行き、その後ホテルに戻て来てからコロンボのバンダラナイケ空港発へ深夜便の出発に間に合うように戻ります。スリランカを出国した後は、中国・昆明を少し観光し、その後上海で1泊してから帰国します。
2014年12月|予算が限られるので中国東方航空を利用して雨季真っただ中のスリランカへ

8.スリランカを発って中国・昆明経由上海で一泊して帰国(7・8日目)

昨夜遅くコロンボ・バンダラナイケ空港を飛び立った中国東方航空機は、特に何の問題もなく、朝8時過ぎ頃に昆明長水空港に到着しました。トランジットではありますが、次の目的地は上海なのでここで一旦中国の入国手続きを受け、15時の上海便まで昆明の街を...