旅の記録(2019年)

2019年の旅の記録の保管場所。

2019年は春にミャンマー周遊の旅に行った後は、台湾へ2回連続で行ってしまいました。といってもあまり日本人には馴染みがない台湾東部。さほど見所がないと思っていた台湾でしたが、自然の豊かさや国(ではないが)を上げてのツーリズムへの取り組みなど感慨深いものが得られました。とは言っても比較的旅行をしやすい台湾ばかりだと緊張感がなくなるので、年末は久しぶりに中国へ。昆明から麗江という標高2000メートル超えの旅を計画中。

(台湾)台北への航空券価格 ヤンゴンへの航空券価格 (中国)昆明への航空券価格

2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ

2019年11月|台湾島東部へ再び

2019年08月|台湾島の東側に行って見たら意外なくらいによかった

2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

ABOUT

現在50代サラリーマンである私が旅の楽しさに目覚めたのは比較的遅くになってからですが、それでも気づけばツレ(奥さん)を伴って今までいろんなところへ行きました。若い人たちのような冒険に憧れるもののしがないサラリーマンはまとまった休みが取れず、薄給なのでセレブ旅のような贅沢もできませんが、それでも自分の旅のスタイルが定着してきたこともあって今までの情報を記録しておこうと2019年正月より一念発起してブログをスタートさせました。最近の分から順次過去に遡って記事を作成しながら、旅程の決め方や旅グッズなど、私の旅のスタイルについても記録します。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

以下の子カテゴリーもご参照ください。

2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

1.2019年のG.W.は10連休だが航空券代金が高すぎる問題 旅の計画

2019年のゴールデンウィークはなんと10連休。理由はともあれサラリーマン旅行者にはありがたい話ではあるが、全国民が一斉に長期休暇に入るがゆえに、航空券やツアー価格はこの時とばかりに軒並み高騰。さてどうするか。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

2.ミャンマーへ向けてまずは東京経由バンコクまで(第1日)

なんだかんだで入手したバンコクまでの日本航空の特典航空券ですが、関西空港発の便は満席で取得できず、羽田空港経由成田空港発というへんてこなスケジュールになってしまいました。羽田空港から成田空港までは一番安価な京急―京成電鉄で移動します。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

3.バンコクからマンダレーへ移動後マンダレーヒルを観光(2日目)

2日目はまた移動から始まります。昨日遅くに到着したスワンナプーム空港へ戻って、バンコクエアウェイズ機でミャンマー第二の都市であるマンダレーへ向かいます。マンダレーは、昨年バガンへ行った際に1泊だけしたのですが、再度訪問したいと思っていた場所です。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

4.車をチャーターしてマンダレー近郊を観光(3日目)

さて、今日は終日マンダレー近郊の観光に充てることにしていました。マンダレー市内では旧王宮はまだ見ていないのですが、単にだだっ広いだけと言いう評価もあり別に見なくてもいいやという気分。なので近郊の観光地を車をチャーターしてぐるりと見て回るつもりです。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

5.マンダレーからニャウンシュエへバス移動(4日目)

旅は4日目。今回の旅のメインである「インレー湖」へ向かいます。インレー湖の観光をする際に拠点となる町が「ニャウンシュエ」で、今回はそこへバスで移動します。マンダレーからニャウンシュエまでは公称6時間。今回は日中の便を選択しました。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

6.ニャウンシュエからカックー遺跡(5日目)

昨日のスコールに恐れをなしてインレー湖のボートトリップを明日に回して、先にカックー遺跡へ行くことにしました。昨夜のうちに車をチャーターしておいたので、車が来るまでの間しばしニャウンシュエの街の散歩を楽しみます。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

7.いよいよメインイベントのインレー湖ツアー(6日目)

今回の旅行のメインに据えていたのが「インレー湖ボートトリップ」でした。昨日のカックー遺跡がかなり良かったので、山を越えたような気になっていましたが、昨日声をかけてくれたボートドライバーと待ち合わせをしてインレー湖へ向けて出発です。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

8.ニャウンシュエ(ヘーホ空港)からヤンゴンへ移動(7日目)

今回の旅行のメインであるインレー湖ボートトリップを終えて、この日はヤンゴンへ移動です。ニャウンシュエ周辺を自転車を借りて散策してから移動しようと思い最終便を予約してあったのですが、飛行機の出発が早まるという予想外の事態が。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

9.ヤンゴンでシュエ・ダゴンパゴダを朝、夜2回見る(8日目)

ヤンゴン2日目、旅は終盤、明日は早朝のエアアジア便でバンコクへ戻るので、ミャンマーで観光をするのは今日が最終日です。ただ、昨日までのインレー湖と違いヤンゴンの蒸し暑さが堪えるので、観光の目玉であるシュエ・ダゴンバゴダだけに狙いを集中させて観光します。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

10.ヤンゴンからバンコクへ移動して買い物の後帰国(9日目)

ミャンマーでの観光を終えて、この日は朝からバンコクへ移動します。バンコクへの移動はLCCの雄であるエアアジアで。エアアジアの唯一の欠点は離発着空港がドンムアン空港であること。帰国のためのスワンナプーム空港へ移動する最中にMBKで買い物&昼食をします。
2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ

2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ Photo Gallery

2019年05月|大型連休はバンコクからミャンマーへ  Photo Gallery 今回限りのゴールデンウィーク10連休は、サラリーマンが旅行に出かけるにはたいそう都合の良い時期ですが、なにせ国民のほぼすべてが休暇に入る時期でもあるので、...
2019年08月|台湾島の東側に行って見たら意外なくらいによかった

1.消極的理由で台湾へ行って見ることにする 旅の計画

毎年の夏季休暇には海外旅行へ行くことは少ないのです。理由は「どこも日本人ばかりだから」とか「お盆は親戚付合いがあるから」とか色々あるのですが、一番の理由は「暑いから」。しかし今年は9連休になるということなので、休暇前半4日は台湾へ出かけることにしました。
2019年08月|台湾島の東側に行って見たら意外なくらいによかった

2.消極的理由の台湾旅は波乱の幕開け(~0日目)

8月9日(金)の勤務後に関西空港へ向かう予定で飛行機を予約した今回の旅、「花蓮」へ行くことを決めてホテルと列車の予約を完了したのは7月の末でしたが、予定を決めた以降出発までの間にいろいろなことが起こります。
2019年08月|台湾島の東側に行って見たら意外なくらいによかった

3.台風9号のせいで遅れに遅れた台北到着(1日目)

本来なら前日日付が変わる直前くらいに桃園空港に到着するはずだったのですが、台風9号が台湾を直撃したせいで乗るべき飛行機の関西空港到着が遅れ、本来より6時間遅れの朝6時少し前の到着になってしまいました。
2019年08月|台湾島の東側に行って見たら意外なくらいによかった

4.貸切りタクシーで太魯閣渓谷ツアーへ(2日目)

花蓮へ来たのなら「太魯閣渓谷」を見ずに帰ることはできません。太魯閣渓谷は台湾島の第一級の自然と文化の複合遺産で、雄大な渓谷の風景とそれを人力で切り開いた開拓路が見どころ。