4.サパで棚田の中をトレッキングの後、寝台列車でハノイに戻りそのまま帰国(3~4日目)

2017年04月|ベトナム・サパで棚田の中をトレッキング

3日目 タ・フィン村トレッキング

午前中:カットカット村へ再び

午前中はフリータイムとしたので、昨日夕方行ったカットカット村へもう一度行って見ることにしました。昨日は夕方の時間帯だったので、日が暮れる前に帰らないと、と思いゆっくり見学ができなかったので、再度(入場料はもう一度払う)入村です。物売りがしつこいとか、住人らしき人に道案内とか親切にしてもらったら、その後突然物売りに変貌したとかいろんな情報がありましたが、全くそんなことはありませんでした。私たちは自分で勝手に入場料を払って入村したのですが、できればホテルで地元のガイドを雇って(ホテルで手配してくれる)、案内を受けながら見学したほうがよいと思います。残念ながら日本語ガイドはいません。

VELTRA

棚田。

カットカット村のビジターセンターにて。

カットカット村にて。

午後は再び昨日のガイドさんと合流して、タ・フィン村へトレッキングに向かいます。トレッキング後その足でラオカイ駅へ戻るので、ホテルはチェックアウトして荷物は車に積み込みます。せっかくの高級ホテルだったのにもう少しホテルライフ?を楽しめばよかったと少し後悔します。

ホテル全景。リゾート風の良い宿でした。オーナーは親切です。

午後:タ・フィン村トレッキング

タ・フィン村は黒モン族と赤ザオ族が暮らす農耕中心の山岳集落です。(黒モン族は昨日のサンデーマーケットに集まっていた花モン族と異なり、黒色のシックないでたちです。)山の斜面を切り開き、水田による耕作をしており、見事な棚田を見ることができるのですが、残念ながらくる時期が早すぎたようです。まだ水張も終わっておらず、一生懸命田起こしをしている最中でした。

もう少したったら一面緑になるのだろう。

全面がこんな緑の時に来たかった。

農耕用の牛だろうか?

村の女の子。

茶店の窓から。

トレッキングは思っていたより全然楽で、もっとハードな行程でもよかったと思いました。外国(特に西洋人観光客が多いところで)ハードなトレッキングというと、めちゃめちゃ過酷なコースだったりするのですが、日系の旅行会社に頼んだせいか、地元の英語ガイドを付けた割には軟弱なコースでした。

トレッキングの後は赤ザオ族の集落で出発まで一休みです。薬草サウナを勧められ結局入らなかったのですが、この後そのまま寝台列車でハノイに帰ることを考えると、入っておいた方がよかったかもしれません。

赤ザオ族の子供とお母さん

夕方:ラオカイ駅(ハノイへ)

ラオカイ駅の発車は21:05なのに、17時頃にはラオカイ駅に到着しいてしまった私たち。いくら何でもこれは早すぎだと思いますが、もっとトレッキングしたいかと聞かれれば「NO」です。ツアー会社指定のレストラン(昨日の朝と同じ)でしばらくじっと待ちますが、退屈なのでラオカイの駅周辺をぶらぶらしてみます。街自体は中国国境に接しているという以外これと言って特徴がありませんし、特に中国文化を感じるといったこともない、普通のベトナムの街です。市場などを見学したりして時間をつぶします。付近にこれといったレストランもなさそう(Google調べ)なので、夕食はツアー会社指定レストランで簡単に済ませました。

ベトナムによくある間口のせまい細長い店。ラオカイ駅の周辺にはこういう店がいくつかある。

ラオカイ駅でハノイ行きの列車に乗り込みます。

帰りの列車は「ビクトリアエクスプレス」です。本来ビクトリアホテルの客専用のはずなのに、なぜ私たちが予約できたのかは謎です(ツアー会社お任せだからわからない)。往きのファンシーパンエキスプレスよりも豪華な内装のコンパートメントでしたが、寝てしまえば同じです。自分で手配していたら絶対予約しないだろう列車に乗ることができたのは、いい経験でしたが。

4日目 ハノイの街をぶらぶら→帰国へ

早朝:ホテル(デイユース)チェックイン

帰りの列車もほとんど遅れはなくハノイ駅に到着しました。帰国便はこの日の深夜なので、荷物預かり所を探して1日ハノイの観光でもするつもりでしたが、前日は風呂に入っていないし列車でよく眠れないだろうと思い、ハノイ駅前にホテルを予約しておきました。レイトチェックイン&レイトチェックアウトで本来1.5日分の料金が必要なところ、1日分でOKにしてくれました。日系のビジネスホテルチェーンがハノイで展開しているホテルです。別にこれといった特徴はないのですが、男性専用ですが大浴場があることと、日本語のマンガが充実している読書コーナーがあることが仕事で滞在する日本人客を引き付けているようです。日本語OKとのことでしたが、私が滞在したときは英語スタッフのみでした。


ホテル1-2-3ハノイ agoda提供

ホテルで朝食を食べて一休みした後、ツレが「結婚式に着ていくワンピースかアオザイを買う。」というのであらかじめ下調べしていたらしい店まで行ったり、その付近のお寺を見学したりしましたが、やはり目的なくウロウロするのはやはりつまらないです。

ベトナムにも盆栽文化がある。ハノイの文廟にて。

ベトナムの盆栽にはおかしなフィギュアが添えられていることが多い。

盆栽のおかしなフィギュアその2.

盆栽のおかしなフィギュアその3.真剣な表情がまたおかしい。

卒業式か何かでしょうか。文廟の近くでは学生たちが大勢いました。白いアオザイは学生専用とか。

そういう時は誰もが行く観光地へ行って見るのがよいと思い、ホアンキエム湖周辺へ向かいます。途中ブン・チャーの店があったのでお昼ご飯はそこで食べることにします。

Bun Cha Ta Hanoi
★★★★☆ · ベトナム料理店 · 21 Nguyễn Hữu Huân

ブン・チャーは、ベトナムの細麺(ブン)をつくねっぽい肉が入った甘酸っぱいスープにつけて食べるつけ麺です。このお店はこぎれいでエアコンも効いているので、外国人にも入りやすいと思います。お味とお値段はまあそれなりです。(おいしかったですよ。)

ブン・チャー。ハノイの麺料理といえばこれ。

最後の夕食は、ホテルの近くのクアン・アン・ゴンへ。

Quán Ăn Ngon
★★★★☆ · ベトナム料理店 · Số 18 Phan Bội Châu

いろんな屋台が集まった場所ふうの店のしつらえになっていて、毎回外国人客で混んでいますがこの時は比較的早い時間だったのですんなり入れました。値段もそれほど高くなく、いろいろなベトナム料理を食べることができるので、行く店に困ったときは重宝します。予約していくほどでもないと思いますが、一応日本語で予約代行してくれるサイトの広告を貼っておきます。

クアン・アン・ゴン。早い時間だったのですんなり入れまししたが、出るときはウェイティングの行列ができていました。

そんな感じで今回の旅は終わりを迎えました。空港へ行って飛行機に乗って、あとは寝るだけです。ゴールデンウィークはまだ3日あります。もっと有意義に旅すればよかったと少し後悔したりしますが、帰ったら帰ったでいろいろ忙しいのでちょうどよいくらいの休暇旅行だったと思います。動かないベッドに寝るのが1日だけというのが体にこたえる年齢になってきましたが、まだまだこれからも暇を見つけてはこまめに旅に出ようと思うのでした。

今回の訪越の直前にノイバイ空港~ハノイ駅間の連絡バスができていました。それまではタクシーしかなかったのですが、非常に安く便利になりました。ハノイ駅前の駐車場の駅舎に向かって左隅に乗り場があります。

ハノイの空港ターミナルも新しくなっていました。前回来た時はスコールの中で盛大に雨漏れしていましたが、もうそんなことはないでしょう。しかし冷房が効きすぎで寒い。たまたまバッグに入っていたホッカイロが活躍。

 

Skyscannerで日本各地発ハノイ・ノイバイ空港行きの格安航空券を探す。Skyscannerで日本各地発ハノイ・ノイバイ空港行きの格安航空券を探す。

<<前へ 記録の一覧

今までの旅行記

コメント

人気ブログランキング

  にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ