2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ

2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ 2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ

久しぶりの中国旅。今回は常春の国と言われる雲南省昆明から標高2500メートルの麗江へ開通したばかりの高速列車で移動します。高山病が心配で予防薬の処方を受けておきましたが、どうなることやら。というのも、麗江から1時間程度のところにある「玉龍雪山」ではロープウェイで標高4500メートルまで上がれるとのことで、是非行ってみたいのだけど、寒さと低酸素状態に耐えられるかどうか。また中国国内での旅行先としての人気も半端なく、ロープウェイのチケットは外国人は使用できない「微信(We Chat Pay)」でのみの販売とか。まあ行ってみて考えることにしましょう。

2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ

1.中国雲南省の高地に行ってみる 旅の計画

行先は日程が決まってから考えるというのはいつものこと。skyscannerで関西空港12月25日発31日帰着の航空券を検索している時に見つけたのが、中国東方航空の昆明直行便。上海などを経由しなければいけなかった昆明へ直行便ができたのは嬉しいことです。
2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ

2.中国東方航空で関西空港から昆明へ(1日目)

年末の旅行先を探している時に見つけた関西空港発昆明行の中国東方航空直行便。現時点ではデイリー(毎日)の運行ではないものの、昆明への直行便ができたことは中国西域やインドシナへのアクセスが格段に良くなり嬉しいことではあります。
2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ

3.昆明から麗江へ高速列車で移動(2日目)

中国での2日目は昆明から麗江へ列車で移動。以前は寝台列車で夜通し移動して麗江に到着するのが一般的だったようだけど、2019年の1月に昆明ー麗江間の高速列車が開通して3時間から3時間半で移動できるようになったのは画期的なことです。
2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ

4.麗江古城の周辺を公共バスで巡る(3日目)

昨日ホテルにチェックインした際に「明日、明後日は天気が崩れそう」と聞いていたので、玉龍雪山へのツアーを明日に予約したのだけれど、今朝起きてみれば昨日と変わらずの快晴。今日の夕方頃から崩れ始めるとの予報に変わっており、明日のツアーを悪天候が直撃する恐れが高まってきました。
2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ

5.玉龍雪山へのロープウェイは降雪のため運休だった(4日目)

昨日ホテルに戻ってきた時にすでに少し雨が降り始めていました。気温もどんどん下がっている気配がありましたが、今朝起きた際にはすでに雨は病んでいて青空さえ見えます。これなら4500mまであがることができるだろうと期待をしたのですが、、、。
2019年12月│中国 雲南省昆明から世界遺産の麗江へ

6.麗江から昆明に戻ってクレジットカードの紛失に気づく(5日目)

昨日は、悪天候によるロープウェイの運休で最大の目的だった玉龍雪山への登頂?はできなかったのだが、この日は恨めしくなるほどの快晴。午後の高速列車で昆明に戻らなければならないのは非常に残念だがまあ仕方がないです。
スポンサーリンク