1.カンボジアとラオスで世界遺産を見る旅 旅の計画

2017年12月|カンボジアとラオス両方の遺跡を見に行くついでにシーパンドンでまったり

年末年始って皆さんはどう過ごしているのでしょうか。こたつで紅白歌合戦からのゆく年くる年もいいのですが、せっかくのまとまった休暇なのでやはり旅行に出かけたいところ。しかし、年始には「親戚付合い」というのがあって、それはそれで楽しみなのでなかなか両立が難しいのですが、例年早めに休みを取ることで何とか両立させています。今回は暖かいところということで、東南アジア「カンボジア」「ラオス」に行き先を決めました。

スポンサーリンク

旅の計画

久しぶりにラオスに行きたいと思いました。北部のルアンパバンと首都のビエンチャンには行ったことがありますが、ラオス南部はまだ行けていません。「何もないところ」という情報はありますが、年末だしその何もなさをゆったり味わいに行くのもまた良いと思ったのです。そののカレンダーは連休を取りづらい曜日設定だったのですが、思い切って23日の天皇誕生日から休んでしまおうと決めました。行き先はラオスだけだとなんだかつまらないので、お隣のカンボジアへも行くことに。航空券は早めにバンコク行きのJAL便を往復を予約しておきました。一部マイルを使って比較的安価に予約できました(エアアジアほどではないですが)。JALの関西空港―バンコク便は、深夜0時40分に出発するので、非常に効率がよいのです。つまり22日の夜から出発し、31日の朝に帰るという行程になりました。

バンコク→カンボジア(シェムリアプ)→ラオス南部(パークセ)→バンコクという行程になりますが、各国間の移動には「飛行機」という選択肢の他に「国際バス」というのもあります。陸路はこの日数では無理かなと思いつつ、一部だけでも陸路で国境超えがしたいと思いいろいろ調べ始めました。

バンコク ー シェムリアップ間

バンコクからシェムリアプまでは比較的バスで移動しやすい距離です。列車+バスという選択肢もありますが、今回は面倒なので無視です。バス移動もバス会社が運行している定期バスの他に、ツアー会社が走らせるツーリストバスもあります。バス会社のVIPバス(750バーツくらい)はトイレ、軽食付きでよいけれども、朝8時にモーチットのバスターミナルに行かなければならず、5時に到着する便ではぎりぎりといったところです。ツーリストバスは無茶苦茶安い(300~400バーツ)代わりに時間がかかってハードらしいので却下。ただ、日系のツアー会社(サワディー・アンコールツアー)が催行するバスは1000バーツと高いながらなかなか評判がよく、使うならこれだなと思いました。あと、タイ―カンボジア間の国境(ポイペト)は、難なく通過できるとのことです。

サワディーアンコールツアー:タイ・バンコク・カオサン通りの日本人経営の旅行代理店:アンコールワットツアーならお任せ下さい!
サワディ-アンコールツアーは、カオサン通りにある日本人経営の旅行代理店です。 バンコク・カオサン通りから始まる旅。バンコクからアンコールワットへ!! タオ島でダイビング!! 格安航空券、 格安1日ツアー、車チャーター、アレンジツアー、何でも承ります。

シェムリアプ ー パークセ間

カンボジア(シェムリアプ)からラオス南部(パークセ)間のバスは確かにあり前日手配で十分乗車できるようですが、国境のイミグレーションの評判がとにかく評判がよくないし、国境で車を乗り換えないといけないとか面倒くさそうなので一旦保留。ただラオス側で行きたい場所(シーパンドン)が、カンボジアとのボーダーに近いところなので、もしパークセに飛行機で行ったとしたら、また戻ってこないといけないのが難点。

パークセ ー バンコク間

パークセとバンコクの間は普通に夜出発、朝着の国際バスが1日1便走っています。バンコク発なら日系の旅行会社に頼んで事前予約できそうですが、パークセ発の予約は無理みたいです。あとパークセからタイのウボン・ラーチャタニへも1日2便出ているようなので、ウボンからバンコクまで列車で帰るというのもありです。ラオスータイの国境は無難な感じのようです。

で、結局どうしたのか

すべてを陸路移動というのは時間的に無理なので、飛行機の料金を調べていた時に見つけたのがラオス航空とバンコクエアウェイズが出している「ディスカバリーエアパス」という周遊チケット。このブログを書いているときに再確認すると結構な額しますが、当時は、当然バスよりは随分高いけれど時間を考えればまあこれでいいかなと思える金額でしたので、あっさり陸路は放棄して全行程飛行機に決定したのでした。ちなみにラオス航空は日本にも事務所があって、日本語で予約できます。

ラオス航空(QV)日本地区公式サイト
癒しの国へ ラオス航空がご案内します。タイ、ベトナムなどアジア各地よりラオス航空に乗り継いでビエンチャン・ルアンパバーン・パクセ他ラオス国内へ。

時間に余裕のある(金には余裕のない)バックパッカーならこんな選択肢はありませんが、サラリーマンは金より時間の方が大切なこともあるのです。その分旅の醍醐味は薄れてしまっているでしょうが、会社を退職するまではこのペースの旅になりそうです。

ビザの取得

日本のパスポートを持っている人であれば、ラオスは15日間の観光の場合ビザ免除ですが、カンボジアはビザの取得が必要です。ただアライバルビザは空港で簡単に取れるため、事前に取っておくことは必須ではありません。空港で取得したほうが費用的には幾分安くあがりますが、空港での手続きの時間を考えると、金銭的にそれほど困っていない短期の旅行者であれば、事前取得を選択するのがよいと思います。大阪には在大阪カンボジア名誉領事館が設置されおり、しかも私の職場のすぐ近く(大阪駅周辺)なので、会社の昼休みにパスポートをもって手続きに行けてしまう気楽さもあり、私は事前取得を選びます。

在大阪カンボジア王国名誉領事館
在大阪カンボジア王国名誉領事館は大阪カン...

※しかし前回に比べて随分ビザ発給手数料が値上がりしてました。アライバルビザも同様です。ミャンマーとカンボジアは他国に比べてビザ代金が非常に高い印象です。

スポンサーリンク

今回の行程

2017年12月 カンボジア・ラオス南部の旅 行程
  • 12月22日
    関西空港へ

    18:00 定時で会社を退社 一旦帰宅する
    21:30 関西空港着 チェックインし虫よけなどを購入後、サクララウンジで夕飯
  • 12月23日
    関西空港→バンコクスワンナプーム空港→シェムリアップ空港

    00:40-05:00 関西空港→バンコクスワンナプーム空港(JL727)
    09:00-10:00 バンコクスワンナプーム空港→シェムリアプ空港(PG903)
    10:30 ホテルチェックイン(Khmer Mansion Boutique Hotel)
    11:00-13:00 ホテル周辺の石細工工房など
    13:00 昼食(Ecstatic Pizza)
    14:00 トゥクトゥクを捕まえてアンコール・ワットへ
    17:00 プノン・バケンに登るも入場まで長蛇の列で断念
    20:30 パブストリートをウロウロした後ホテルの近所で夕食(Cambodian Traditional Chef)
  • 12月24日
    アンコール遺跡群見学

    09:00 この日は基本的にノープラン ホテルのトゥクトゥクツアーの誘いに乗って遺跡見学
    09:30 プレ・ループ
    11:30 バンテアイ・スレイ
    14:00 昼食
    15:00 ニャック・ポアン
    16:00 プリア・カン
    18:00 たまった衣類をクリーニングに出す 1kg 1USD
    19:00 この日はクリスマスイブ ホテルのガーラディナーが強制的についてくるので仕方なく食べる
    21:00 バーストリートに繰り出す
  • 12月25日
    プレアヴィヒア、サンボプレイクック

    05:00 プレアヴィヒアとサンボプレイクックを両方1日でまわる変態ツアー
    ※ふつうは1日でどちらかに行くだけだと思う。方角は正反対だし。
    17:00 ツアー終了
    18:00 ラオス風鍋で夕食(Cambodian BBQと書いてあったが)
  • 12月26日
    ラオス パークセに移動

    09:00 ホテルチェックアウト 空港へ向かうトゥクトゥクに乗り込む
    ※国際線だし2時間前チェックインと考えたがホテルの人に1時間まで十分と言われて従う
    10:30-11:30 シェムリアプ空港→パークセ空港(QV512)
    12:00 ホテルチェックイン(Pakse Hotel)
    13:00 昼飯を食べて街をウロウロ 明日のシーパンドン往きのバスの予約とか
    18:00 夕日を見ながらホテルのバーで夕食
  • 12月27日
    パークセ→シーパンドン

    07:30 一旦ホテルチェックアウト 一泊だけして帰ってくるので荷物は預けておく
    08:00 バスのピックアップの時刻だが誰も来ない
    ※ 東南アジアのツアーあるある 結局30分遅れで出発
    12:00 コーン島に到着 宿にチェックイン
    13:00 明日の帰りのバスを予約 レンタサイクル(2人乗り)で島内をツーリング
    19:00 ホテル近くの適当な店で夕食 中華ベースの料理だった(うまかった)
  • 12月28日
    シーパンドン→パークセ

    06:00 朝早く起きて日の出を見ようとするが、ホテルの部屋と日の出の向きが合わず断念
    08:30 再び島の奥の方まで自転車でツーリング(今回は2人乗りをダンナが拒否)
    11:00 帰りのボートを待つ間、隣の部屋のフランス人と中国人の悪口を言って過ごす
    15:00 パークセ到着 バスの到着を待っていたトゥクトゥクを捕まえて布地の店に行く
    16:30 ここでバスにカメラを忘れたことに気づき、トゥクトゥクでツアー会社まで戻る
    17:00 カメラを忘れたことを説明しついでに明日のワットプー遺跡へのツアーを予約
    19:00 インド料理屋で夕食
  • 12月29日
    ワットプー遺跡

    08:30 昨日戻ってきた道を再びバスで進みワットプー遺跡へ
    ※ 早めにツアー会社へ行ったらバスに置き忘れたカメラはちゃんと戻って来ていた
    15:00 パークセ帰着 市場を見学したりカフェへ行ったりしてのんびり過ごす
    18:00 カフェの店員に教えてもらったBBQの店に行く
  • 12月30日
    パークセ→バンコク→帰国

    08:00 ホテルチェックアウト
    09:25-10:55 パークセ→バンコク(QV223) 出発はしっかり遅れてくれる
    13:30 カオマンガイを食べに行く 久しぶりの都会にうんざりする
    14:30 ジム・トンプソン再訪問
    16:00 バンコクの携帯ショップでiPhone購入する
    18:00 フードコートで夕食を済ませ空港へ
    22:05-05:40 バンコクスワンナプーム空港→関西空港(JL034)

 

Skyscannerで日本各地発バンコク行きの格安航空券を探す。

Skyscannerで日本各地発バンコク行きの格安航空券を探す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました