5.最終日 胡里山炮台を見てから帰国の途に(4日目)

スポンサーリンク
2018年04月|客家の土楼を見に行く( 中国・福建省、厦門(アモイ))

4日目(胡里山炮台 厦門高崎空港→成田空港→東京)

胡里山炮台

今日は帰国の日です。空港へ向かう前に昨日見逃した「胡里山炮台」へ行ってきます。ホテルのすぐそばのバス停からバスに乗れば30分程度で着くはずです。

バス待ちの間に浜辺からコロンス島を望む。

厦門の浜辺。

胡里山炮台

トーチカを転用した売店。

清朝がドイツから購入した大砲。旧日本軍に向けても発車されたそう。

砲台内部。結局この砲は3発しか発車されなかったとか。2発は試射で残り1発を旧日本海軍の艦艇に向けて発射し一応命中したらしい。

男の子はこういうのが好き。

こういう戦争の遺物はあまり見る気にはならないですが、見るといろいろ考えさせられる展示も多いです。特に中国と日本の間の戦争にかかわるものを見るのは気が重くなります。ただ当日は気候も良かったので、公園として散策するのは気持ちよい場所でした。

帰国の途に

あとはホテルに戻って荷造りをして帰ります。帰りの飛行機は14時25分発なので、お昼過ぎには空港に行かなければなりません。空港バスの乗り場へ行き切符を買おうとすると、係のお兄ちゃん英語が通じないのかスマホに表示した英語を示してきます。空港バスの切符売り場でそれほど込み入った会話も必要ないのだから、もう少し会話しようとしてくれてもいいのにと思います。北京や上海以外の地方都市ではまだまだこういったことがありますが、それでも外国人を気にかけて親切にしてあげようという、中国のどこででも感じる中国人のやさしさは、今回も十分感じられたのでありました。

胡里山炮台から厦門市内を望む。

帰国後の夕食

厦門高崎空港から成田空港に到着するのは19時25分。東京在住の方ならそのまま自宅へ帰れる時間ですが、大阪へは当日中には帰れません。こういう時地方在住の不便さを感じますが、仕方ありません。明日は羽田空港から朝一番の便で大阪へ帰るので、羽田空港近くのホテルに宿泊します。帰国して最初の夕食は、浜松町の「築地魚金」で。そういえば魚金、最近は台湾にも出店しているそうですね。どうでもいい話でした。

たしか3点盛だったはず。

魚金浜松町店

 

Skyscannerで日本各地発厦門・高崎空港行きの格安航空券を探す。

Skyscannerで日本各地発厦門・高崎空港行きの格安航空券を探す。

 

<<前へ 記録の一覧 次へ>>

今までの旅行記

コメント